運転免許証の種類

運転免許証は3つの種類があります。
第一種運転免許が一つ目で、原動機付き自転車や自動車を運転する際の免許です。
第二種運転免許が二つ目で、タクシー、乗合バスなどの旅客運送のために旅客自動車を運転する際や、普通自動車を代行運転自動車として運転する際の免許です。
なお、代行運転自動車というのは、自動車運転代行業を行う運転者が自動車をお客さんの代わり運転するものです。
仮運転免許が三つ目で、練習などのために第一種免許を受ける人が運転する際の免許のことを言います。


運転できる原動機付自転車や自動車の種類によって、運転免許証の種類は違ってきます。
なお、免許制度が平成19年6月2日より変更になり、新しく自動車の種類に中型自動車が設けられました。
これによって、免許として新しく中型免許、中型第二種免許、中型仮免許が設けられました。
新しく中型自動車が設けられたことによって、普通自動車、大型自動車についての基準も変わっているため注意しましょう。


また、他の車を普通自動車、中型自動車、大型自動車、大型特殊自動車のどれかで牽引する場合は、免許が牽引する車に応じたものが必要であるだけでなく、牽引免許についても必要になってきます。
しかしながら、牽引免許は、750kg以下の総重量の車を牽引する場合や、クレーンやロープなどで故障した車を牽引する場合には必要ではありません。


本サイトでは、取得できる運転免許証、第一種と第二種がある、主な第一種免許、についてご紹介します。